06.05.2017

『ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ』黒川幸則監督インタビュー後編。(前編はこちらから→)どこか現実離れした「夢」のような本作。けれど、監督にはそんなつもりはなかった!?前編に引き続き、本作についてお話を伺いました。

「夢のような作品にしよう」と思っていた訳ではないんですよ

―この映画、台詞も特徴的ですよね。「この町では冷めたピッツァがリーサル・ウェポンだ」とか「ダンプカーにキスされたかと思った」とか、すごくクセになる台詞で溢れていますが、意味を考えてしまうと、よく分からなくなるというか。

僕も、よく理解してやっていたわけではないんです。山形君(山形育弘、脚本)は南米文学も読む人で。僕は、ぽつぽつとしか読んでいないんだけれど、撮影前に「あれ読んだ、これ読んだ」みたいな話をしましたね。南米文学は、よくマジックリアリズム、魔術的リアリズムだと言われます。現実のなかに立っているんだけれど、本人も気付か...

05.27.2017

突然不思議な町に迷い込んだバンドマンが住人たちと共に過ごす酩酊の日々。ピンク映画界で異彩を放ってきた監督・黒川幸則の自主制作に、映画に限らず音楽や現代アートに関わる個性的でフレッシュなスタッフ&キャストが顔を揃えた本作が、いよいよ6/3より関西でも上映されます。

今回は、本作について黒川幸則監督にお話を伺いました。どのようにしてこの作品は生まれたのか?本作とそれをとりまく人々に迫ります。

フィルムで撮りたいっていうのがあるじゃないですか、僕らは、欲望として。それができなくなるんだったら、デジタルでピンク映画を撮るくらいだったら、で、お金も全然ないんだったら、これ、もう自主でやっても同じだなあって

―本作の制作に至る過程を教えて下さい。

脚本の山形君(山形育弘)が、僕の先輩の鎮西尚一監督の映画に出演してたんです(*1)。僕は昔、鎮西監督の助監督をしていたので、そこで、鎮西さんから面白いやつがいるって...

05.25.2017

2017年6月3日(土)、関西大学梅田キャンパスにて「Cinematic Skóla」略してシネスコが行われます。

イベントでは、ジョー・スワンバーグ監督作品『ハンナだけど、生きていく!』を上映。

『フランシス・ハ』(2012)で日本でもついにブレイクしたアメリカ・インディペンデント映画界のミューズ、グレタ・ガーウィグが、それに先立つ2007年、才能溢れる友人たちと一緒に寄ってたかって作り上げた、まさに『フランシス・ハ』の原型とも呼ぶべきガールズ・ムービー!それが、この『ハンナだけど、生きていく!』。

チャーミングで才能に溢れ誰からも愛されるけど、自分のことがまだ分からない主人公ハンナが、様々な恋や友情を経ながら、ユーモラスでほろ苦い自分探しの旅を続けます。

(Indie Tokyo『ハンナだけど、生きていく!』作品紹介より)


映画を観て終わりではないのがシネスコの魅力!

鑑賞後は「Indie T...

05.24.2017

夏休み真っ只中に、映画お泊り会なんて、いかが?

映画チア部が、夏休みに、神戸で上映イベントを開催します。

上映作品は…『アメリカン・スリープオーバー』!!!

本作は『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督と、今年アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』の製作スタッフが送る、青春群像劇。

デトロイト郊外、夏休み最後の週末。少年は一目惚れした女性を探し、大学生は双子の姉妹の間で揺れ、少女は“楽しいなにか”を追い求める。毎年恒例の「スリープオーバー」(お泊まり会)を舞台に若者たちの夏を輝かしく描き出します。

今回は、本作をイメージした〝スリープオーバー上映(オールナイト上映)〟を開催します!

そして、現在『アメリカン・スリープオーバー』はBlu-ray化に向けて、クラウドファンディングを実施中です。クラウドファンディングの支援者へのリターンは、本作からインスパイアされ制作されたオリジ...

05.23.2017

学生のミニシアターデビューを応援する学生限定イベント「シネマツーリング」を神戸・元町映画館にて開催します!!今回の鑑賞作品は『退屈な日々にさようならを』。


みんなで『退屈な日々にさようならを』を観て感想を語り合おう!

▼シネマツーリングって?


「ミニシアターに行ってみたいけれど、1人では行きづらい…」
「ミニシアターってどんなところ?」
「映画好きの友だちをつくりたい!」


と思ったことはありませんか?
そんな声にお応えするのがこの〝シネマツーリング〟!
 
参加者同士で映画鑑賞して感想を語り合い、トークや解説を聞いて映画についてもっと深められるミニシアターの魅力がつまったイベントです。
学生限定のイベントなので、同世代の人たちとの新しい出会いも!
 
「初めてだから不安…」
「1人で参加するのはちょっと…」という方も大丈夫。


毎回お一人で参加される方も多く、10人〜20人の少人数規模で開催し...

05.03.2017

日本でも記録的な大ヒットとなった『いのちの食べかた』(07)のニコラウス・ゲイハルタ―監督最新作『人類遺産』が、シネ・リーブル梅田で公開中だ。本作は撮影期間に4年を費やし、世界70ヶ所以上もの"廃墟"を映し出した唯一無二の映像集となっている。公開を記念して、4月28日(金)にシネ・リーブル梅田で珍スポトラベラーとして活躍されている金原みわさんのトークショーが行われた(司会は本作の関西宣伝を担当されている田辺ユウキさん)。

未来人が作ったドキュメンタリー!?

ー金原さん、映画をご覧になっての感想はいかがですか?


金原さん(以下、か):はい、そうですね、色々考えてきたんですけど、まずちょっとお客さんに聞きたいのが、寝ちゃったっていう人いますか?(客席からパラパラと手が挙がる)


ーあはは!あ、でも正直にいらっしゃいますね。

か:30秒ごとに映像が切り替わっていくみたいだったんですけど、やっぱり映像の中...

04.13.2017

わたしたちと一緒に関西のミニシアターを盛り上げませんか?

映画チア部はこれまで、シネマツーリングをはじめとするイベント企画や映画関係者への取材、TSUTAYA三宮店さまとのチアコレ!企画など、様々な活動をしてまいりました。
これらの活動を継続し、さらに新たな活動を始動するために、この度3期生を募集します!

条件
・関西圏に住む学生であること(大学生・専門学生に限らず、高校生も所属しています!)
・月に1、2回程度の元町映画館での会議に参加する意思があること(毎回強制出席ではないですが基本的には出席が理想)

まずは一度会ってお話しましょう!
映画チア部メールアドレス moviecheer2015★gmail.com (★→@)宛に、件名【3期生応募】とし、本文に【名前・学校名・学年・説明会参加の希望日】をご記入の上ご応募ください!

《説明会》

開催日程:4月23日(日)18時30分~19時30分(終了...

03.11.2017

デヴィッド・ボウイに、ソニック・ユース、ヨ・ラ・テンゴ… 音楽好きには堪らない3作品が 3/18(土)京都みなみ会館にてオールナイトで上映されます。今回は音楽をテーマに、上映作品3本の見どころを紹介!

上映作品①『アメリカン・スリープオーバー』

デトロイト郊外、夏休み最後の週末。毎年恒例の「スリープオーバー」(お泊まり会)を舞台に若者たちの夏を輝かしく描いた青春群像劇。

ニューヨークのバンドであるBalthrop, Alabama やThe Besties、Beirut、フロリダ州で活躍するMorningbellなどのバンドサウンドが映画を彩ります。

予告編で流れているのは、Balthrop, Alabamaの"Love to Love You"。

Balthrop, Alabamaは、メンバーのPascal Balthrop とLauren Balthrop兄弟の出身地がアラバマ州であることから、...

03.07.2017

3/18(土)京都の京都みなみ会館にて、<グッバイ、ハローNight>と題して『アメリカン・スリープオーバー』『シンプルメン』『フランシス・ハ』の3作品が、土曜日の夜から翌朝にかけて、オールナイトで上映されます。

作品の選定には、「3月はあらゆるところで、出会いと別れが入り混じる時期でもあります。新たな場所での生活を迎えるあなたへ贈りたい作品をセレクトしました」という京都みなみ会館のスタッフの思いが込められています。

(『アメリカン・スリープオーバー』)

上映作品の1つである『アメリカン・スリープオーバー』は、『イット・フォローズ』 監督デヴィッド・ロバート・ミッチェルの長編デビュー作であり、さらには、2017年度アカデミー作品賞受賞となった『ムーンライト』本作と同製作&撮影監督が担当しているということで、今注目の1本です。

 (上から『シンプルメン』(C)POSSIBLE FILMS all r...

2004年度より映像制作者の人材発掘を行い、大阪を映像文化の創造・発信拠点とすることを目指してスタートしたシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)。これまで横浜聡子、石井裕也、三宅唱など日本映画界に多彩な才能を輩出してきた。

第13回となる今回は、谷口恒平監督『おっさんのケーフェイ』・木村あさぎ監督『蹄』・五十嵐晧子監督『可視化する心たち』3作品への助成が決定し、無事完成を迎えた。第12回大阪アジアン映画祭(3/3(金)~3/12(日)開催)でのプレミア上映を控える今、谷口監督・木村監督・吉田龍一さん(『可視化する心たち』主演・CO2俳優特待生)にインタビューを行った。

 (左から『可視化する心たち』主演・吉田龍一さん、『蹄』木村あさぎ監督、『おっさんのケーフェイ』谷口恒平監督)

「不寛容な空気が流れる社会に抗うような映画を作りたい」(谷口監督)

将来の夢も特技もない小学生のヒロトはある日、人...

Please reload

Please reload

© 2023 by GREG SAINT. Proudly created with Wix.com

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now